フリーエンジニアに必要なスキル

フリーランスのエンジニアという職種に求められるスキルとして、コミュニケーション能力が高いという事が挙げられます。
ここで言うコミュニケーション能力とは「潜在している相手が欲している答えを探し出す能力」ということです。
相手の求めるものやシステムの要件定義は曖昧なままであることが多く、その曖昧なことを明確に定義しないければなりません。
そのため、フリーのエンジニアに求められるコミュニケーション能力とは「抽象的」に理解できる能力であると言えます。

同時に文章の読解力が求められます。
要件定義を行うときに顧客から様々な資料を提供されることがありますが、そのどれもが大体は何を行っているのかわからずにただ言いたいことを書いただけのものが多いです。
フリーランスのエンジニアの場合は、そうした文章に対しても「わからない」「読解をほかの人に任せる」といったことはせずに顧客に質問をするなどして、粘り強く難解な文章の読解に取り組む必要があります。
そうした時間は短い程よいため、高い読解力が求められます。

説明がうまいことも求められます。
顧客のやりたいことを文章や様子から理解したならば今度はそれを具体的なものに変換する必要があります。
そしてその変換したものを顧客に説明しなければならないのですが、そのときに、「顧客が求めているものは、実はコレですよ」と相手に伝わるように説明しなければなりません。
そのため説明が明確でわかりやすく行えるスキルが求められます。