コミュニケーションが大事

IT系企業で働くエンジニアなどがフリーランスに転向する際、最も懸念されるのが「転向した後も仕事があるかどうか」でしょう。
フリーへ転向すれば働き方が自由になり、自分がやりたい仕事ができるという大きなメリットがあります。
しかし、それは仕事があるという前提のもとでの話になるため、そもそも仕事を探すことができなければ、自由な働き方ややりたい仕事をするといったことは不可能です。
「とにかく転向後も仕事があること」、これがフリーランスになる前に絶対に持っておかなければならない見通しだと言っても過言ではありません。
では、転向前にどのように仕事に当たりを付けておけば良いのでしょうか。

これはIT系業務の中の職種などによっても大きく変わってきますが、やはり企業に属している際の人脈に頼るのが最も確実です。
例えどんなに卓抜したスキルを持っていたとしても、フリーランスになってしまえば海千山千の一人でしかありません。
自分のスキルにおごって見通しを立てない人から真っ先に淘汰されていくのが、IT業界におけるフリーの特徴の一つだと言えます。
そして、人脈を構築しておく上で重要なのはやはりコミュニケーション能力です。
「IT系エンジニアであれば、人との関わりはいらない」という時代は当の昔に終焉を迎えているということを、フリーに転向しようと考えている人は特によく肝に銘じておく必要があります。
換言すれば、フリーへの転向を視野に入れている人こそ、企業内で積極的にコミュニケーションをとるべきだと言えるでしょう。